新しい相棒Jr君と初の長距離ドライブ 佐渡の旅

(2013年05月31日)

4連休・・・急きょ旅心誘われて、お金はないけどなんとかなるさと、どこへ行こうか考えながら旅仕度
《10/31 AM 2:00 とりあえず出発 》
富士川の橋の信号機で、左に行けば広島・尾道、もう少し手前で紀伊半島でもよいかな・・・と 右に行けば日本海、佐渡も行った事ないしなぁ・・・なんて迷いながら “え~い右だ~” と 空が明るくなり始めた頃、早朝の菅平高原の黄葉が がばっと飛び込んできて、もうハイテンション! 眠気も吹っ飛び、叫びまくり (一人旅ってやたら独り言が多くなるのよね) タイミングよく船もあり、無事佐渡の小木港へ上陸。 最初に目にしたのが、たらい舟!ぐるっと小さく廻るだけかと思ったが、せっかくだからと挑戦してみるが・・・ これが意外と難しいの!好きなだけいいよと漕がせもらったけど、同じとこをクルクル廻ってるだけで、 岸に戻れず、悔しいけどギブアップ。

 

 

hisa-01

わたしのお腹とJr君のお腹をみたせてから(島のガソリンが高くて乗船前に入れてくればと後悔) 時計廻りで海岸線を走っているはずがいつのまにか山の中へ!でいつのまにか小木に戻ってるのは(・・? まっ いいかと気をとりなおして、ドライブ、ドライブ、Let’s Go 海沿いが気持ち良いのなんのって・・・長手岬の岩場を散歩、夫婦岩で夕日待ち。 残念ながら夕日は沈む瞬間、ため息とともに雲の中へ隠れてしまいました! フェリーターミナルで紹介してもらった《七浦荘》へ もちろん夕食は海の幸(あわびのきもは初食べ損なった古代米)&オーナーとの話で大満足。 初対面なのに色々な話をしちゃった自分がすごく不思議で・・・明日の宿泊とおいしい夕食をお願いして

 

hisa-05 hisa-08

《11/1 2日目》
朝食は海の見渡せる部屋でゆったりと 『荒れた海も見ものよ』とかほるさん。 ん~見てみたい。 部屋からの眺めも良く、歯を磨きながら今日の予定を ボ- と考えている内に、のんびり時間が過ぎて。 宿の下の海岸で、釣をしている人を横目に海を眺めて、更に時間が過ぎて・・・ 何もせずに一日が終わってしまいそう、それも良いかなと思ったが、せっかくだからと尖閣湾へ。 海底を覗ける透視船は昨日で店じまいとか、代わりに断崖を眺める遊覧船で観光気分にひたってみる。 ここの海岸の石がピンクでかわいいの!留守番中のめだかにと 拾い集めてお土産に! 結局二ッ亀まで行こうと思っていたが無理そうなので、引き返して大佐渡スカイラインへ 佐渡金山で、金の延べ棒を穴から出そうとかなり必死にもがいたけど(景品がもらえると)無理無理! これがかなり重いのなんのって。金ぱく入りソフトクリームも試して  予定になかったが乙和池の看板を見つけて寄り道 寄り道 5分ぐらいで一周出来るほどの小さい池なんだけど、池に青空と紅葉の木々が映って、 神秘的~ きれ~い と うっとり

弁当を用意してくれば良かったなぁと思いながらJr君に戻ろうとすると、 東京からの美智子さんとスイスからのHugoさんから、帰る方向が同じだったらと、ヒッチハイクの申し出。 トキを見てからで良いならと、思わぬ旅の友が出来て一緒にトキの森公園へ・・・また道に迷いながらねっ 国際保護鳥のトキは遠目でしか見ることが出来ず、純血の日本のトキ キンさんは既に亡くなってました。 みやげ物屋でナイフを借りて美智子さんにおけさ柿をごちになり(土産はこれだ!と帰りの日にダンボール いっぱい買いあさっちゃいました)、Hugoさんにミスドでコーヒーとドーナツをごちになってから宿へ。 美智子さんに会って、英語がわかるのがうらやましく英会話を習おうかと真剣に考えちゃった。 (が、未だに実行してないんだけど・・・) 後日、Hugoさんが作ったスイスの山の模型が届いて感激。 その日の夕食は仕事で連泊していたお兄さんと私の送別会をオーナーが用意してくてまた感激 めちゃ新鮮な刺身の舟盛、いくらご飯など、とにかく食べきれないくらいで “うまかった” “楽しかったぁ” 静岡に戻ってから、スーパーの刺身をみて、ため息をついていた私です

 

 

《11/2  3日目》
朝一、宿の下の海岸まで散歩しながら、佐渡へ来て良かったなぁ、としみじみ思い、 思わずまた、来るぞと柄にもなく海に誓ってしまいました。 オーナーに よくしてもらったお礼とまた来ますと見送ってもらい、Jr君と出発。 走り出してから、道沿いの家の前に座りながら世間話をしているおばあちゃん達を横目に涙してました。 (北海道一人旅の時、宿で仲間が出来て、2、3日一緒に山に登ったり、川を上ったりと楽しい時間を   過ごし、その後仲間と別れて、もとの一人旅に戻った時すごい涙が止まらなくなった事があった。  楽しかった時間と、名残惜しい気持ちと、寂しい気持ちとごちゃまぜになって) ふと、昔のそんな記憶も思い出しちゃった。 かほりさんに薦められた妙宣寺(五重塔がお見事)に寄り道して、またまた迷子になりながらね。 宿根木の集落でかわゆいニャンコと遊んでから、佐渡とお別れ。 何度経験しても島から離れるフェリ-ってやっぱ寂しいものね フェリーから降りて、自分と同じ名字の高田公園の看板にふらふら~と。高田城、高田駅。 お城から城主になった気分で夕日が沈むのに見惚れてから、妙高高原へ お風呂だけ入って、今日の寝床はJr君の中 翌朝寒くて目が覚め、コンビ二で朝ごはんを調達して野尻湖の湖畔で朝食。 さぁてと、我が家へ! 明日からまた頑張って働こうかな・・・と

hisa-06 hisa-07

 

ページトップへ戻る