白と緑のツーリングレポート☆その③

(2013年07月30日)

7月1日(月)

 

安寿と厨子王伝説のある『目洗い地蔵』に寄って、目を洗う。

 

昨日気になった、金山手前の廃坑のようなところに寄ってみた。

謎の遺跡

北沢選鉱場跡という、明治~昭和初期に建てられた浮遊選鉱場・精錬所跡地だった。

 

戦前まで稼働していたというが、よく戦争を潜り抜けてきたものだ。

 

その大きさと歴史の重みに、圧倒される。

 

 

 

となりのカフェでお茶してから、ゴールドパークへ。

 

シャカシャカ砂金採り。

 

ビギナーズラックで最初の1すくいで2、3粒採れた。

 

けれど、そのあとなかなか見つからない。

 

結構本気になってしまった…。

 

集めた金(のカケラ)を加工してもらってお土産にする。

 

いいお土産になった。

ここから海岸に沿って、K45の南東側をひたすら走る。

 

K45佐渡一周線は、日本で一番長い県道らしい。

 

確かに…

 

海沿いのなだらかなカーブと暖かい陽射しに、まぶたが重くなる。

 

あぶない、あぶない…。

ここまで来たら、トキに会わなくっちゃね。

 

『トキの森公園』へ。

トキ

間近で見られるのは、運がいいらしい。

トキの保護について、佐渡の方々の熱い思いを伺った。

佐渡の里山にトキのいる風景が、あたりまえになるといいな…。

 

ページトップへ戻る